女の体でイキすぎてヤバイっ!の第4話

menu

第4話 バスの中なんかでイキ顔を晒したくない…!!

翌日、修学旅行でのタイムスケジュールで観光地へと巡る遥たち。

早速、遥は昨日女体化した体を何とかして隠そうと、まずは巨乳となってしまったオッパイにキツク布で巻いて膨らみをなくそうとする。
そして女の子のような丸みの対策としては持ってきたTシャツを何枚か重ね着をしてわからないようにする。

何とかクラスメイトや先生の目をごまかせてバスの座席に着いて一安心!?

いや、この秘密を知っている人間がいるっ!
それは親友だ。

相変わらずイヤラシイ目でこちらを見ながら隣の座席を確保。
一体何を考えているんだ?

そしてバスは出発!
みんなが前を見ている隙に、何と親友がいきなりオッパイを揉み始める!

ちょっと!何するんだよ!みんなが気付くだろ!?

この気付かれてしまうんじゃないかというスリルと味わうかのように親友はオッパイから次第に下半身へと手を伸ばす。
手を抑えようとすると女の子の力になっているので全く抵抗できずされるがまま。

こんな所でイキたくない…

しかし、親友の指や手はさらに勢いがついて声を押し殺しながらイッてしまう遥。
ハァハァと息を漏らしながらこんな事、いつまで耐えないといけないんだ?


inserted by FC2 system